鹿児島空港ホームページ

会社案内(会社概要・環境への取り組み)

環境への取り組み

鹿児島空港は、"環境にやさしい空港作り"を目指しています!

空港ターミナルビル内でECO

ターミナルビル空調温度の調節

ターミナルビル内の節電対策の一つとして、館内空調温度を下記の通り設定しております。

冷房 : 館内27℃  レストラン系統25℃
暖房 : 館内20℃  レストラン系統22℃

展望デッキの屋上緑化

展望デッキの屋上緑化2007年4月展望デッキに芝生を設置し、空港にいらしたお客様に楽しんでいただけるスペースとなっているのはもちろん建物の断熱効果も高めています。

エスカレーターの自動運転

エスカレーターの自動運転無駄な電力を省く為お客様の利用がない際は停止し、省エネ効果を図っています。

人感センサーの設置

人感センサーの設置空港内の多目的トイレ等に人感センサーを設置し、無駄な電力を削減しています。

照明の削減

照明 HP用.JPG国際線ターミナルビル天井灯を一部消灯すると共に館内照明をLEDへ変換するなど白熱灯から省エネタイプの電球に逐時交換しています。

断熱塗装

屋根に断熱塗装を施して室温上昇を防ぎ、空調効率の向上を図っています。

貨物ビルの照明を省エネタイプへ

省エネタイプ貨物ビルでの作業を安全に行う為に、明るく消費電力の少ない、省エネタイプの照明を使用しています。

到着荷捌きの照明(水銀灯)を省エネタイプへ

従業員用通路の照明LED化

空港職員が利用する従業員通路の照明をLEDへ変換しています。

地域循環型空港の実現(食品残さのリサイクル)

空港内のレストランでは1日170kgもの食品残さが発生しています。
この残さは養豚場へ送り、麹菌と混ぜて液体飼料となります。
この飼料を食べて育った豚は黒麹黒豚として、地域の直売店で販売されています。

オフィスでECO

クールビズの実施
会議室照明をエコタイプへ

会議室照明会議室の蛍光灯は1灯の照明で2灯分の明るさを放つ事ができる"超高性能反射板"を取り付け、使用する蛍光灯の数を削減しました。

設備でECO

BEMSの導入

2008年度、鹿児島空港はBEMSを導入しました。

【BEMSとは】
BuiIding and Energy Management Systemの略で、室内環境とエネルギー性能の最適化を図るためのビル管理システムです。
簡単にいうと、ビル内における空調・電気・防災設備などをコンピューターで管理し、制御するシステムのことです。
今まできめ細かく管理することの出来なかったこれらのエネルギーを、このシステムを導入することによって効率的に管理することができるようになりました。これにより、無駄な空調・電気等をなくす努力を日々行っています。

太陽光発電の設置

太陽光発電2011年1月より国内線3階展望デッキ横に50kwの太陽光発電設備を導入しました。
2015年度の発電実績は55769.3kwhで、発電された電力は空港施設内の照明等に使用されています。

イベントでECO

環境に配慮したイベントの実施

ぐりぶー画像 HP用150×115.jpgイベントで使用する照明等の使用電力量および資材搬入・搬出時に使用する車両ガソリン使用量から算出されるCO2排出量をオフセットする取り組みとして、かごしまエコファンドを活用し、環境に優しいイベントを実施いたします。



環境対策実績及び環境データ報告

平成27年度ターミナルビル環境対策実績及び環境データについて報告いたします。

今後も更なるエネルギー使用量の削減を目指して努力します。

鹿児島空港ターミナルビル環境対策実績及び環境データ報告.pdf

▲ページの先頭へ